ナース

便を調べて分かること

男性医師と女性医師

消化器疾患の発見に役立つ

以前は検便検査と言えば、ギョウ虫検査を意味する時代もありました。しかし現在の検便検査は、消化器疾患の発見に役立てられています。もしも胃潰瘍や胃炎があれば粘膜に炎症などを起こし、出血も伴いますので、検便検査ではその血液の混入を調べてくれるのです。また国内でも発症率の多い大腸がんや胃がんも同じように出血するため、便を検査はそれらの病気の検出にも有効になっています。もしも検便検査で発見できれば、早期治療にも貢献しますから、健康診断などではその観点からも、検便検査が取り入れられているのです。、便に混ざっている血液を検査する時はヘモグロビンに注視しますが、それには化学法と免疫法などの検査方法が用いられます。

腸内細菌の確認も担う

便の中の血液を調べることが検便検査の意義ですから、痔を患っている方は、お尻の具合いが安定している時に採便することも大切です。痔の出血でも検便検査では陽性反応が出ますが、本当に消化器系から出血している可能性もあるため、痔持ちだからと判断せず、1年に1回は消化器内科を受診された方が良いでしょう。本格的な症状が発症する前に病気を発見することが目標ですので、出血の陽性反応があった際は、留意しておくことが大切です。そのほか、感染症の原因菌を調べることも検便検査の重要な役割になっています。そして、腸内細菌検査なども含め、個人の検便検査にも郵送方式で対応する検査機関が数々ありますから、個人的に申し込むことも可能です。

Copyright© 2017 不快な症状ばかりが起こる更年期障害【加齢による機能低下が原因】 All Rights Reserved.