女性二人

利用者も増えている

男女

サイバーナイフ治療は、多くの人に利用されています。新しい治療法として注目されています。こうした治療を行うなら、しっかりと医療機関を選択する必要性があります。今まで治療が難しかった疾病にも高い治癒効果を発揮しています。

詳細

便を調べて分かること

男性医師と女性医師

現在の検便検査は、消化器関連の病気の発見に役立てられています。消化器系に疾患があれば出血を伴いますので、便の中の血液を調べることで、それらの早期発見が可能です。そのほか感染症の原因菌の有無を調べることも、検便検査の大切な役割になっています。

詳細

女性ホルモンが減少する

ウーマン

不快な症状が現れる

女性の更年期は閉経年齢の約10年前から閉経後約5年ほどの期間です。顔や身体が急激に熱くなるホットフラッシュや手足の冷え、いらいら、食欲不振など更年期の様々な症状は、加齢によって卵巣の機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンと深い関係があります。更年期を迎えエストロゲンが急に減少すると、その状態に適応しようと身体の中の様々なところで調整が始まります。この調整が追いつかなくなると様々な不快な症状が現れるというメカニズムです。これらの症状がひどくなり、仕事を辞めざるをえなくなったり、日常生活に支障をきたすようになると更年期障害と診断されます。その場合は更年期障害を1つの病気と捉えてしかるべき治療をするものと考えましょう。

減少したホルモンを補う

更年期は高血圧や心臓病、癌、うつ病などが現れやすい年代のため、自分で勝手に更年期障害と判断するのは禁物です。他の病気が隠れていることもあるので必ず医師の診断を受けましょう。更年期障害の治療法は様々ありますが、卵巣の機能低下によって減少した女性ホルモンを薬で補充するホルモン補充療法が、効果が確実に出るということで注目を集めています。但し、ホルモン補充療法は誰にでも効果があるということではなく、人によっては副作用があったり多少のリスクを伴うものです。ホルモン補充療法を受けるのが不安という人には症状や体質でその原因に合わせて漢方薬を処方してもらい、全身のコンディションを整える漢方療法がすすめられます。

高度な治療

病院

大都会「新宿」では、高度な治療がおこなわれている内科が集結しています。病院を選ぶときは、医師が何を得意としているかをチェックしておきましょう。看護師や受付の対応や段取り、手際を見ておくことも大事です。

詳細

Copyright© 2017 不快な症状ばかりが起こる更年期障害【加齢による機能低下が原因】 All Rights Reserved.